日曜日 - 07 / 09 / 2014

採用プロセス時の人材選考は適性検査で見極めよう

人事採用の1項目として、専門の適性検査を導入する企業が増えているそうです。そもそも新卒や転職組の採用試験というものは、基本的に会社内の人間が全てを取り仕切っていますよね?

しかし採用事務を担っている人事部も、結局はその会社の一社員に過ぎません。つまり人を見る目があるのかと言われれば、専門の知識も無いわけですから、当然ありませんよね。そこで筆記試験なども取り入れているわけですが、筆記試験は主に勉強ができるかどうかや一般常識があるかどうかしか分かりません。

つまり「応募してきた人間の能力や才能」を見極めることは、非常に難しいとさえ言えるわけです。そこで注目を浴びているのが専門の適性検査になるわけですが、EQ能力やストレス耐性といった言葉を聞いたことがありますか?もしも全く聞いたことがない、またはワードしか知らないという状況であれば適性検査サービスを実施している【アドバンテッジリスクマネジメント】の公式サイトへアクセスしてみてください。

どういった能力テストであるのかが分かりますので、適性検査を導入するべきかどうかの価値も分かるはずです。個人事業主にとっては価値はないかもしれませんが、人を雇っている企業であれば人材は宝です。もしも人材の選定を疎かにしてしまえば、成功するものさえ成功しませんよね。採用プロセスにおいて悩みがあるなら、参考にしてみてください。

木曜日 - 28 / 08 / 2014

ニーズにあった名札がつくれるネームバッジインターナショナル

名札・ネームプレート・ネームバッジ・金属名札・ネームプレート差し替え社員が多い企業では、あまり関わりのない部署にいる人の名前がわからない場合が多く、ネームプレートをつけているという会社があります。また、ネームプレートがあると、来客者や接客において名前を覚えてもらいやすくなります。そのことから、多くの会社ではネームプレートを採用しているようです。

ネームプレートにはさまざまな種類のものがあります。名前だけのもの、部署名が入ったもの、顔写真入りのネームプレートのものがあります。ネームプレートを扱っている会社には、たとえば、ネームバッジインターナショナルがあります。

この会社は、100年以上の歴史をもつネームプレート製造会社で、いろいろなタイプのネームプレートを作成、販売していることで知られています。ここなら、ネームプレートのほか、名札、ネームバッジ、金属名札などを扱っていますが、最近は、人気となっているネームプレート差し替えができるタイプのものがあります。

これなら、部署が変わったり、一時的な使用、社員などが辞めた場合でも無駄なく使用することができます。また、高級感のあるジェルコーティング「ドーム タイプ」のものも人気となっているようで、ここではニーズにあったネームプレート作成ができます。

http://namebadgesinternational.jp/からは、ネームバッジインターナショナルについて詳しく紹介されています。

木曜日 - 07 / 02 / 2013

使いやすい業務管理ソフトを選ぶ

見積書作成、売上予算、仕 入・外注費、諸経費、日報などを共有し、財務会計、給与計算、販売管理、介護請求などを一元管理するためのキーは、よい業務管理ソフトを選択することが大切になります。
最良な業務管理ソフトを選ぶ基準はいろいろありますが、一番大切なのは下記のとおりです。

最初は業績に関する管理が充実することです。
なぜなら、業績アップにつながるからです。

さらにもう一つは、情報が一元管理されること。
無駄な作業を削減することができ、経営の全体像が見えます。

さらには、社内業務の合理化がはかれ、業務を統合することもできますということから、手順が合理的にまとめられるということも重要なポイントになってくるのです。

逆に、決められた機能しか使用できないサイトとか、ERP(統合業務パッケージ)を購入するサイト、ERPの場合、カスタマイズができないものが多いサイトなどは気をつけなければなりません。
というのも、欲しい種類だけを揃えることができず、無駄な経費がかかることや、操作がわかりにくいことがあること、使いこなせないといったことがあるためです。
業務管理ソフトを選ぶ時の参考として利用してくださいね。

grandit.jp
最新情報、機能性、GRANDITの紹介の情報ならERPコンソーシアムGRANDIT公式サイト